社員による、パワースポット探訪記。これを読めばあなたにもPOWERがっ・・・
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 
パワースポット
報徳二宮神社(神奈川県)
 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

~二宮金次郎に会いに行こう!~

小田原城のすぐ隣にひっそりと「報徳二宮神社」があります。
二宮尊徳(通称・金治郎、なぜか一般的には金次郎で定着)を奉る神社です。



おそらく日本で二番目に、「何をしたかわからないけれどすごい人」ではないかと思われます。
(一番は新渡戸稲造)

有名なのはこの薪を背負って歩きながら、勉強している姿ですね。



母校の小学校にもありました。
もちろん学校7不思議のひとつとして、夜中の校庭を走り回っていました。

金次郎は現在の江戸時代後期に現在の小田原市で、農民の家に生を受けました。
14歳で父を、16歳で母を亡くし、伯父のもとで農業に励んだそうです。
荒地を開拓し、土地を貸してお金をため、24歳までに一家の再興を果たしました。



その後、小田原で武家奉公人として働いていましたが、実家復興の実力を買われて小田原家家老の服部家の財政再建の依頼を受け、見事に成功させます。
それで一気に名声を広めた尊徳翁は、旗本の財政再建や農村復興事業を携わるようになります。

尊徳翁が救済した村は600以上に渡ります。



尊徳翁の生き様を思わせる、質素なつくりの拝殿です。

報徳二宮神社は、ここの他に相模原と日光市今市にあります。
(「二宮神社」はたくさんありますが、直接は関係ないそうです)
お近くにお住まいの方は、ぜひどうぞ。

~おまけ~
( ▼ ▼メ )「今回の記事はめずらしくマジメだな」
(゚д゚;) 「・・・二宮尊徳が亡くなってから、まだ200年もたってないんですよ」
( ▼ ▼メ )「それで・・・?」
( ̄ロ ̄ )「こんな近い時代だとうっかり変なことかけないじゃないですか!スタッフにゆかりの人がいたら大変です!」
( ▼ ▼メ )「・・・・・・・・」

https://xn--eckybs1bzb.com/