社員による、パワースポット探訪記。これを読めばあなたにもPOWERがっ・・・

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 
パワースポット
今戸神社(東京都台東区)
 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

~今戸神社(いまどじんじゃ)とは?~
東京都台東区にある神社
浅草駅から徒歩15分
祭神は応神天皇・イザナミ・イザナギ・福禄寿

今戸焼(素焼の陶磁器)発祥の地であり、沖田総司終焉の地である。

さらに次のような伝承から、≪招き猫発祥の地≫でもあると名乗りをあげている。

・-・-・-・-・-・-・

江戸時代末期、この近くに住む老婆が貧しさゆえに愛猫を手放してしまった。

ある夜、老婆の夢枕にその愛猫が立ち、言った。
「わたしの姿を人形にして、背中に丸〆の文字を入れると、必ずや福徳を授かるにゃー」

そこで老婆が片手をあげたネコの人形を今戸焼でつくり、浅草神社の鳥居近くで売り出してみたところ、大流行したという。

・-・-・-・-・-・-・

この今戸焼のネコ人形は、丸〆猫(まるしめのねこ)と呼ばれ、浮世絵にも残っている。

(゚д゚;) 「人形の売上=福徳であることに突っ込むべきか、売ったのは今戸神社ではなく浅草神社なことに突っ込むべきか」

浅草神社は今戸神社の近くではあるが、歩くと15分くらいは離れている。

さて、今戸神社である。

拝殿の奥に、確かにおネコさまが!

この拝殿よりも人が群がっているのはこちら。

拝殿の左わきにある『石のなで猫』ナギくんとナミちゃんである。

人がずらりと並んで、携帯で写真を撮っている。

(;゚д゚)「こ、このいかにも『パワースポットです!』という感じ・・・いいのか!?」

パワースポットブームで神社・仏閣がにぎわうのなら、それはそれでいいのかもしれない。

お守りもネコをモチーフにしているものが多く、境内のいろんなところにネコが飾られている。

(#゚Д゚)「ネコに紛れてネズミがいるぞ!」

さて、実はここの他にも多くの神社・仏閣が、自らこそが≪招き猫発祥の地≫だ!と主張している。

実際に招き猫が売られていたという数少ない証拠(浮世絵など)があるのがここである。

ちなみに肝心の浅草神社は、≪招き猫発祥の地≫論争についてはノータッチである。

https://xn--eckybs1bzb.com/