社員による、パワースポット探訪記。これを読めばあなたにもPOWERがっ・・・

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 
パワースポットvol005
神田明神
 
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


神田明神
東京下町のパワースポット、神田明神の紹介


神田明神
~指令はある日、唐突に~

社員M ゞ( ▼ ▼メ )「パワースポットどこか取材してこい」
社員Y Σ(゚д゚;) 「ぱわーすぽっと!?(東京にあるのか??)」

パワースポット=「霊地」「霊場」(略)神宮や大きな神社は(略)パワースポット上に存在しています。
(NO.01記事より)

Ф(。。) フムフム「つまり・・・大きめの神社・仏閣にいけばいいんだな!」

つまりパワースポットめぐり≒神社・仏閣めぐ(略)
神仏関係者の策謀を感じないでもない。

さっそく、神田明神にロックオン!
もちろん事前にネットで、ここがパワースポットであることを確認済み。ぬかりはない。

untitled

なお、ここを選んだのは「都心のパワースポット」が題材として興味深いからであり、決して社員Yの通勤時の乗換駅だからではない。

正式名称、「神田神社」。御茶ノ水駅より徒歩5分ほど。
神田・日本橋・秋葉原・大手町・丸の内・旧神田市場・築地魚市場など108か町会の総氏神であり、建立は天平2年(730年)。
祭神は、だいこく様・えびす様・まさかど様の三柱。

ヽ(~~~ )ノ ハテ?「だいこく様・えびす様がセットなのはわかるけど、なんでまさかど様?」

なんでも、最初はだいこく様を祭る神社だったけれど、平安時代(935年)に平将門の首がこの近くに葬られたそうな。
それから約370年後に疫病が流行し、これが将門のたたりと恐れられた。そこで供養のために一緒に祭るようになったらしい。

ΣΣ(|||゚□゚|||;;)「370年近くも恐れられ続けていたのか!?」

今では結婚式も行われている、平和な神社である。

いきなりシュールな光景に遭遇。

(」゚ロ゚)」「鳥居をトラックがくぐっている・・・さすが都心のど真ん中」

境内はなかなか広い。奥に入ってさっそくお賽銭。

untitled

( ̄ー ̄?)…..??アレ??「神社だから柏手でいいんだよね」

寺で思い切り柏手を打って、いたたまれない経験した人は、社員Yだけではないはず。
朝9時という時間にも関わらず、すでに数名の参拝客がいる。


木陰の中にだいこく様がいたり。

untitled


えびす様が見事な波乗りをしていたり。
???r(・x・。)アレ???「えびす様、足元になにかありますよ?」

・・・・・・・・。
w( ̄△ ̄;)w「シュールだ・・・」

さて、そろそろ行かないと会社に遅れ(略
ということで、今回はここまで♪(* ̄ー ̄)vエヘヘ

untitled

( ▼ ▼メ )「それでパワーはもらえたんだろうな?」
Σ(゚д゚;) 「ハッ・・・!」
( ▼ ▼メ )「・・・・・・・・」
( ̄∇+ ̄)vキラーン「巫女さんが美人でした!」

( ▼ ▼メ )「・・・・・・・・(こいつを出したのが間違いだった)」

https://xn--eckybs1bzb.com/