社員による、パワースポット探訪記。これを読めばあなたにもPOWERがっ・・・

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

パワースポットvol011
北海道神宮

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


北海道神宮(ほっかいどうじんぐう)とは、北海道札幌市中央区にある神社。

北海道の開拓当時樺太・千島に進出を進めていたロシアに対する守りということで、大鳥居が北東を向いている。
⇒北海道の北東にロシアがあるんですね。


末社である開拓神社には間宮林蔵などの北海道開拓の功労者が数多く祀られている。
⇒「まみや りんぞう」です。「はやしぞう」ではないですよ。


まりもっこり 間宮 林蔵バージョン

明治2年(1869年)に明治天皇の詔(みことのり)により、北海道開拓の守護神として、大国魂神・大那牟遅神・少彦名神の開拓三神(かいたくさんじん)を祀る北海道鎮座祭が東京で行われ、その後、当時の開拓使長官の東久世通禧や開拓判官島義勇らにより開拓三神が札幌の地に移された。
⇒すごいことが東京で執り行われ、札幌に移したようですね。

明治3年(1870年)に仮社殿が建てられ、明治4年(1871年)には現在地に社殿を建て、社名を札幌神社と定めるとともに、近代社格制度における国幣小社に列し、翌明治5年(1872年)には官幣小社、明治26年(1893年)には官幣中社、明治32年(1899年)にはついに官幣大社となった。第二次大戦後は神社本庁の別表神社となった。昭和39年(1964年)、明治天皇を合祀し、社名を現在の北海道神宮へと改めた。

全国一の宮会より蝦夷国新一の宮に認定されている。
⇒札幌神社から北海道神宮になったんですね。

☆北海道神宮の神様☆
大国魂神(おおくにたまのかみ)
⇒北海道国土の神様です。

大那牟遅神(おおなむちのかみ、大国主命(おおくにぬしのみこと)の別名)
国土経営・開拓の神様です。国土経営って何するんだろ。。。

少彦名神(すくなひこなのかみ)
⇒国土経営・医薬・酒造の神様です。酒蔵のせがれはお参りに行きましょう。

明治天皇(めいじてんのう)
⇒言わずと知れたお方ですね。何とか憲法を作ったお方です。何とか・・・

※神様を数えるときは「1人2人・・・ではなく、1柱(はしら)2柱(はしら)・・・と数えるようですよ!!
私もひとつ、おりこうさんになりました!!

酒造の神様というだけあって、こんな行事もあるようです。


☆祭事・年中行事☆
1月
o歳元祭(1月1日)
o元始祭(1月3日)
o古神札焼納祭(1月14日)
o祈請祭(1月 第3日曜日)

2月
o節分祭(節分の日)
o紀元祭(2月11日)
o祈年祭(2月17日)

3月
o入学祭(3月 最終日曜日)
o小学校に入学する子どもたちの学業成就と心身健全を祈願するまつり

4月
o島判官慰霊祭(4月13日)
o北海道開拓と北海道神宮の創祀に功績のあった島義勇判官を偲ぶ慰霊祭
o4月上旬の入学式の頃に桜は咲きません。路肩に残雪が・・・。

5月
oお田植祭(5月上旬)
o札幌ではGW過ぎに桜がいい感じになります。



6月
o例祭(6月15日)
o北海道神宮の最大の祭りで札幌まつりとも呼ばれる
⇒なまら(すごい)有名!!学校は午前中で終わります。でもなぜか3~5キロ離れている中島公園に屋台が並びます。このお祭りに好きな子を誘うのが札幌人のステータスとか。。。

o夏越しの大祓い(6月30日)

7月
特に何もないらしいです。
あ、梅雨がありません♪

8月
o開拓神社例祭(8月15日)
o北海道開拓の功労者37柱の霊を称える慰霊祭でみたま祭とも呼ばれる
ちなみに北海道の七夕は8月7日です。
この日は子供達が夕方から夜にかけて近所のおうちにお菓子をもらいに行く「ろうそく出せ」があります。
「ろうそくだ~せ だ~せ~よ~ 出さないとひっかくぞ おまけにかっちゃくぞ~」と歌います。
北海道内でも地域によっては歌詞に違いかあるようです。

9月
o御鎮斎記念祭(9月1日)
開拓3神が御鎮斎された記念の日を祝う
o抜穂祭(9月上旬)
神饌田の穂を収穫する
o頓宮例祭(9月15日)

10月
o神嘗奉祝祭(10月17日)
o七五三(北海道では11月になると寒さと降雪の影響で10月に済ます事が多い)
⇒あまり認知されていないようで写真だけで済ますこともあるようです。

11月
o明治祭(11月3日)
北海道神宮の創立の断を下し、祭神でもある明治天皇の誕生日を祝うまつり
⇒文化の日ですね。
o新嘗祭・新穀勤労感謝祭(11月23日)

12月
o天長祭(12月23日)
o師走の大祓(12月31日)
o除夜祭(12月31日)
o月次祭
o月首祭(毎月1日)
o月次祭(毎月15日)
o旬祭(毎月10日・20日)

北海道の標本木
札幌管区気象台が観測を始めた1953年より58年間にわたり北海道神宮境内にあるソメイヨシノを春のサクラの開花や満開予想を観測する標本木としていた。しかし樹齢約80年の老木となり観測が難しくなってきたため、2012年より札幌管区気象台構内のソメイヨシノに標本木を変更している
⇒北海道神宮内のソメイヨシノさん、長い間お疲れ様でした!!

北海道へ旅行の際にはぜひ北海道神宮周辺も行ってみてください☆
ゴキブリがいないので滞在中も安心ですよ♪

https://xn--eckybs1bzb.com/