『♪小池さん♪小池さん♪好き好き~』って、みんな大好き!国民食のラーメンです
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

長浜豚骨まるえいラーメン(千葉県山武市)
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

千葉県の九十九里「成東」にある長浜豚骨ラーメン店です。

店内に入ったとたん、ふわーんと臭ってくるのは、あの豚骨ラーメン独特の「芳しさ」。
これは期待できるかも?と、さっそくオーソドックスな「ラーメン」(600円)を、麺茹は「ハリガネ!」と。
脂の浮きはほどほどながら、さらりとした感じのコクがあって、結構旨そうな表情をしています。
ひとくち啜ると、やっぱりたっぷりと豚骨の旨みが出た、良くできたスープです。

 

具材は、まずは比較的肉の味が良く残ったチャーシュー。
これは旨みも強く、歯ごたえも良かった。
それに、ややざっくりと刻まれた長葱と小口の青葱。

長葱は関東に来て「郷に従った」感じでしょうか、辛みや癖の強い長葱ですが、これはこれで本格豚骨との相性は結構良いと思います。
あとは、短冊の焼海苔だけで木耳は入らず。
あのコリコリとした博多ラーメン必須アイテムがトッピング対応というのも、ちょっと寂しい・・・・

はりがねで頼んだ麺は、薄っすらと芯残りのする、なかなかの茹で上がり。
啜るたび、ぷりぷりの歯ごたえと、程よい粉っぽさが。
これがまた、サラッとした感じのスープと良く合う。
トロミ粘度の高いスープが大勢の博多ラーメンとして、これは印象に残ります。

卓上には、おきまりの紅生姜や辛子高菜がしっかり。

福岡出身だというご主人。
ご当地で最初に始めたのは焼肉屋さんで、奥のロースターテーブルではビールを飲みながら肉を焼くお客さんも居ます。
メニューには、豚足、キムチ等々あって、もちろんラーメンと一緒に頼んでも大丈夫。
店ができて最初のころは、焼き肉屋さんの一メニューとした博多ラーメンを出していたのだそう。
ところが、凝りに凝って出すこの一杯が相当な評判で、最近になって明確に「ラーメン店」は半ば区画を分けて、本格的に独立させたといいます。

https://xn--eckybs1bzb.com/