http://www.zuttowork.com/web/lp/

法律や店舗の方針による年齢制限があるパチンコ

街中を歩いていると、早朝パチンコ店の前に行列ができていたり、娯楽やお金稼ぎで訪れる人を見かける機会が多々あります。
また、パチンコ店でアルバイトや社員などとして働いて高収入を得ている方の話を耳にする機会もたくさんあるでしょう。
そのような経験から、自分も楽しく遊んでみたい、自分も働いて高収入を得てみたいといった願望を持つ方は多いのではないでしょうか。
そして、実際にそれらの願望を実現することを考える上では、年齢制限があるのか否かが気になるところでしょう。

結論から言えば、パチンコには年齢制限があります。

利用客として訪れて遊ぶ場合も、店舗のスタッフとして働く場合も、原則十八歳以上でなければいけないと定められているのです。
パチンコ店の営業は風俗営業に該当するので、この年齢制限は、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律、いわゆる風俗営業法の規定に拠ります。
法律の条文を追っていくと、風俗営業を営む営業所で十八歳未満の者を客に接する業務に従事させることや営業所に客として立ち入らせることは禁止されていると明確に記されているのを発見できるでしょう。
また、蛇足になりますが、十八歳以上であれば絶対に利用客やスタッフとして入店しても良いのかと言えば、それは違います。

高校生の入店は不可になっているからです。

店舗の入り口に張り紙が貼られる等の方法でお知らせがしてあるでしょうし、そもそも校則で禁止されている場合も多くなっています。
ちなみに、年齢制限には下限だけではなく上限もあるのかと気になる方もいらっしゃるでしょう。
こちらについては、法律による明確な規定はありません。
ただし、アルバイトや社員の募集を行うにあたって店舗側が独自に規定を設けている場合はあります。
具体的には、三十五歳以下や四十歳未満といった制限があることが多いです。
年齢上限を設けて若い人を採用しようとする理由としては、まず、若い年代の人の方が長期に亘って働き続けることができるので長期勤続によるキャリア形成に繋げられることが挙げられます。
また、パチンコ店での業務には体力が要るため、体力がしっかりある若い人の方が歓迎されやすいという理由もあるのです。

http://www.zuttowork.com

シェアハウス・住み込み・寮のことなら♪

https://xn--eckybs1bzb.com/