http://www.zuttowork.com/

ふーん、そうだったんだ~

厚生労働省が11月9日に大学生らに対して実施した初の意識調査の結果の発表がありました(回答数は1,000人)。対象者が経験した業種は、
①コンビニ15.5%
②学習塾14.5%
③スーパーマーケット11.4%
の順で多かったそうです。中でも目立ったトラブルが、
「合意した以上の仕事をさせられた」(14.8%)
「急なシフト変更を命じられた」(14.6%)
「準備や片付けに賃金が支払われず」(13.6%)
だそうです。
回答者全体のうち58.7%は労働条件を知らせる書類の交付が無かったといい、口頭でも説明を受けた記憶が無いとの回答があったそうです。
バイトの貴重な戦力としての学生・フリーター。無くてはならない存在ですが、正社員並みの重労働や勤務時間、過酷な(購入)ノルマがある仕事も耳にします。某企業が深夜の業務を1名に任せた、いわゆる”ワンオペ ”というのもありました。
学業に支障が出るレベルですよね、これでは。
聞いた話と違う、といってもトラブルになるだけですので、やはり最低限書面は確認しなければいけません。
世の中そんないい加減な会社ばかりでは無く、しっかりした会社もあります。企業規模によらず当たり前に労働条件をしっかり提示する事や、制服の準備など受入れ準備に手間を掛けています。
どこが判断基準なのか?業種により一概に言えない部分もありますが、お店であれば店舗を見に行ったり、そこで働く知り合いを探して雰囲気を聞いてみたりと、出来る事はあるのではないでしょうか。
”友人紹介”というシステムに紹介料を多く払ってくれるという広告表記を目にしますが、知り合いを通じての応募の方が信頼性が増す、との事なのでしょうか。
いずれにしろ、アルバイトであっても仕事選びは慎重にしましょう。書面があるからと言っても内容をきちんと確認しないと痛い目に合うかもしれません。
誰でも大事な時間を嫌な思い出にしたくはないものですよね。

http://www.zuttowork.com

ずっとワークでお仕事探し♪

https://xn--eckybs1bzb.com/