http://www.zuttowork.com/

ハワイにある大樹

皆さんはご存じですか?

意外と知られていないパチンコホール運営企業による活動の数々。

「エコキャップの回収活動」。

言わずと知れたペットボトルの蓋の回収活動ですが、ほとんどのホール企業で行っているのではないでしょうか?

一例として、発展途上国向けのポリオワクチン購入の寄付に充てています。(世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV))等。約860ケを集めるとポリオワクチン1人分となります。(ポリオワクチンは1人分20円とされています)

「プルタブの回収活動」。

飲料容器のプルタブを回収して、金属買取業者に買ってもらいその売却益で車いすを購入して、福祉施設等に寄付しています。どの位が必要がというと、アルミ等の地金の買い取り価格により変動しますが、ドラム缶7~8本分以上は必要と言われています。重さで言うと約800キロ超。個数にすると140万個~150万個と言われています。途方の無く多い量の気がしますが、地道に回収活動を重ねています。

主なものは上記のような内容が多いですが、この他にも「無料パチンコによる老人ホーム慰問」などもあります。

お店の店休日を利用して、近所の老人ホームなどの福祉施設に入所している人たちを招待して、普段する事が出来ない「パチンコ遊技」を娯楽として楽しんでもらう催しとしている企業や組合団体も多くあります。もちろん貸玉料金などは設定せずいわゆる「遊び」としてですが。

「パチンコ」はハンドルを触ったりする事や玉の動きや演出で脳が刺激される、などとして認知症対策として介護現場で役立てようとしている研究もあるようです。施設に入所しているお年寄りの方々がパチンコなんて、と思われる方も居るかもしれませんが、娯楽らしい娯楽が無い中で、ささやかな「楽しみ」が出来る事で気の持ちようが変わってくるのでは無いでしょうか。

世間ではパチンコホールは悪者扱いされている傾向が強く風当りも強いですが、上記のような取組みをする事で、遊技してくれている地域の方々に少なからずの「恩返し」の気持ちがあるようです。

そして発展途上国へのワクチン寄付で尊い命が救われる。

実はこの他にも、パチンコ業界というのは多額の寄付・募金活動等の取り組みを実施していますが、あまり知られていないのが事実です。

http://www.zuttowork.com/

コンビニ・飲食店のアルバイト探しならココ!! 住まい付きお仕事情報も充実♪

 

https://xn--eckybs1bzb.com/