https://xn--eckybs1bzb.com/

どんどん便利になって行きますね!

宅配便大手のヤマト運輸と日本郵便が、駅前のコインロッカーを宅配便受け取り場所にする、という内容で提携しました。

電車通勤では無い、駅を使わない人たちはそんなの関係無い、と思う方が多いのでは無いでしょうか。

Amazonやヤフー、楽天などのネットショッピングが大きく広がる中、各家庭へ配達される荷物も右肩上がりで増えています。いわゆる取扱い個数ですが、年々増えています。

今、問題となっているのは、サービス業界で働く人員不足、流通業界トラック運転手の高年齢化、燃料費の問題等があります。そして宅配便を届けた先のお宅の不在。いわゆる不在通知を置いて戻り、後からまた”再配達”する訳ですが、この2度手間を解消しようというのが、冒頭の記事につながります。

今は郵便局留では無く、コンビニ留が出来ますので会社帰りに自宅そばのコンビニにより荷物を受け取って帰る事が可能となります。

女性の1人暮らしで、夜遅くに自宅に宅配業者に来て欲しくない、という声にも配慮されているようです。

先の駅前ロッカーはコンビニではなく、駅で電車を降りて帰り際に、ロッカーに入っているに自分の荷物を受け取り帰宅、という流れです。再配達せずに最初からこのロッカーに配達出来れば、運送業者の手間も軽減されるようです。

似たようなもので、駅に行く途中のクリーニング屋さんにコインロッカーのようなものが置いてあり、お店が開いてなくてもそこに出しておけば、帰りには仕上がっているというものがあります(事前に手続きが必要)。

そういえば、駅前のツタヤにも自動返却BOXがありますよね。人を置いてサービスをする、というのは大変手間暇が掛かる事で、何とか代替出来ないか、との考えが進んできているように感じます。
ただ、全自動化や無人、というのは何か味気が無い気がしますが。

 

https://xn--eckybs1bzb.com/

飲食店やコンビニバイトなどサービス業ならここ♪

 

https://xn--eckybs1bzb.com/