http://www.zuttowork.com

青森八戸 えんぶり

青森県八戸市に住む22歳女性が埼玉県へ赴任しました。
JR大宮駅から新幹線に乗り換え、青森・八戸駅に向かいましたが、宮城/仙台より先の地には中々行く事がありませんでしたが、初めて遠方に会いに行くという事で入念に準備して訪問しました。
事前にメール・電話でやりとりをするだけで、遠方の求職者を赴任地(関東など)に来てもらうのはお互い不安な部分が多く、来てくれたけどやっぱり仕事が合わない、住む所が想像していたのと違う、などトラブルになってしまうのを未然に防ぐ目的もあり、遠方であろうと直接話した方が結果的に良いのではないか、と考えていました。
新幹線で八戸駅に着いてから、まずは話が出来るスペースを駅近くで確認して、携帯電話で連絡を取り合いました。約束の時間通り来てくれてほっとした事を覚えています(当たり前の事なのですが)。電話とメールだけで仕事を紹介する事も可能な場合もありますが、顔(表情)が見えない事もあり、初めての赴任(独り暮らし)であったり「女性」という事やご両親の事も考えると、しっかり不安を取り除いてあげないといけない、と感じました。
地元を離れて働く、お金を貯めたい、東京に出てみたい、学校に通いたいなど人それぞれ描いているものがあります。生活環境が変わるだけでなく、日々その中で仕事をこなさなければなりません。都会での過ごし方に慣れるのにも少し時間は掛るでしょう。仕事も初めは大変です。借上げ寮スタイルでは生活への準備は整っていますが、公共料金の手続きや住民票の手続きなど意外と手間の掛る事があります。そういった仕事面以外でのサポートもしてくれる受け入れ企業はまだあまり多くはありませんが。

製造系のお仕事では、住込みで働くスタイルは定着して来ていますが、サービス業向け(アルバイト)で、寮設備を備え付け、赴任受入態勢を整えている企業自体はまだ少ないようです。正社員を遠方から採用する為に寮を新設準備するケースはありますが、アルバイト採用に対してはまだまだ少ないようです。また、若い人たちに人気の「ワンルーム個室」ですが、一部に相部屋や複数人で入寮なんてケースもあるようです。事前に確認が必要ですね。
今後もサービス業の採用難は続くと見られ、地場ではない、遠方からの赴任というのが今後ますます増えて来ると見込まれます。また、リゾートバイトなるものも人気があるようです。

さて、件の青森からの赴任女性、期間満了で一旦退社してご実家へ帰られました。が、来月から再度復帰して働いてくれる事が決まっています。さらなる活躍に期待したいですね。

http://www.zuttowork.com

寮・住み込み・シェアハウスの事なら!

https://xn--eckybs1bzb.com/