http://www.zuttowork.com/

※画像はイメージです。

少し前のネットニュースで見かけたのですが、地元の人たちの仕事(農作業など)を手伝いながら、僅かの収入で自由に生活している若者たちがいるとの内容でした。

場所は和歌山県の山間部で、和歌山市からクルマで2時間半も走る所です。いわゆるこの地域は”限界集落”で、住まいとしているのは廃校になった小学校で引きこもりの人たちを支援するNPO法人が所有しているものだそうです。そこでニート仲間4人が一緒に住み込みで暮らし、いずれも20代の若者です。最低2万5千円あればひと月は暮らせるというこの町、地域住人わずか8人で平均年齢70歳。でも手伝いだけでは生活費が不足するような時は、地方の観光地やリゾート地での短期バイト「リゾートバイト」で必要な分を稼いでまた戻って来るという事でした。

ぞういったリゾートバイトなども出来るなら、引きこもりニートではない気もしますが、都会の喧騒を離れ、のんびり緩く暮らす環境が彼らには合っているのかもしれません。

特に田舎暮らしが好きではないとの事で、PCを持ち込んでネット環境があれば不便な事はないようです。Amazonも2日あれば届くそうですから。

都会から田舎に移住して、新しい発想で事業を起こしたり、農作業に勤しんだりして生活するのは、ギスギスした都会暮らしと比べたらとても魅力に映るかもしれませんが、飽きずに長く続けるのはやはり大変な事です。
なかなか、思い付きで移住するのは大変ですが、少し憧れる部分がありますね!

 

http://www.zuttowork.com/

便利な都会暮らしにをサポート!住み込み・ずっとワーク♪

https://xn--eckybs1bzb.com/