http://www.zuttowork.com

楽しい一人暮らしを満喫~♪

クチうるさい親元を離れて自由に暮らしたい、地元では無く都会に出て色々見て体験したい、専門学校に通う為に東京に出たい!みなさん様々な思いがあると思います。

ただ夢見てばかりな楽しい生活だけではなく、「自分で生活する」という現実が待っています。が、まずはその前に、新しく移り住むにはどんな事をしなければならないのか、チョット見ていきましょう。

住んでみたいエリアが決まって、ほぼ引越し先物件に目途が付いたとします。費用面で見ると、

①敷金、②礼金、③仲介手数料、④前家賃、

そして住民票移動や公共料金の契約など、例え一人だけであっても大変な作業量です。

初めて実家を出るのであれば、買い揃えるものも沢山出てきます。荷物が多ければ引越し業者さんを手配しなければならないし、友達に頼もうにもクルマを運転出来るのが居ないなど。。引越し先では隣人へのご挨拶の気配り。。なんで面倒なんだろうって誰しも思うはず。

そもそも礼金・敷金とか高額な費用なんて用意出来ないし、家電とか生活するのに必要なものを買う出費が痛い。これなら大人しく実家にいた方が楽かもしれません。だけど、自分の居場所って欲しいですよね。

住居に掛るお金というのはいわゆる「固定費」と呼ばれ、賃貸物件でもその月の収入に関わらず一定額掛ります。バイトや仕送りで生計を立てている学生・フリーターにとってみれば、一番抑えたい所ですよね。バイト先の賄いを食べて食費を抑える事が出来ても、家賃はそうもいきません。「収入の約3割相当が適正」と書かれている記事を見掛けますが、共益費や公共料金(水道光熱費等)の出費なども踏まえると、「手取り収入の25~30%以内」(共益費含む)が現実的な数値になって行くのではないでしょうか?

素敵な住まいを選ぶのも楽しい目的の一つですが、住んでから直ぐに移り住まなければならないような状況に陥らない様に、最初が肝心です。全てを選ぶのではなく、妥協する所も必要です。

あと、睡眠している以外のほとんどの時間は働いたり、学校に行っていたりして実は居ないんですよね。

http://www.zuttowork.com

今なら、1ヶ月間寮費無料!!(エリアにより一部異なります)

https://xn--eckybs1bzb.com/