http://www.zuttowork.com/

画像はイメージです。

日本全国各地にあるパチンコ店での接客の仕事について

パチンコ店は、日本全国各地には必ず存在する娯楽産業ですので、多くの人がその仕事に携わっています。
そこで働くスタッフの仕事内容は、主にお客さんに対しての出玉の積み下ろし、玉・コインの換金、景品交換、台の異常などのトラブルの解消等の仕事があります。
このように、ホールに遊戯しに来るお客さんの対応がメイン業務となりますが、どういったお客さんが来られるかについては、主に3つに分かれます。
まず一つに心底娯楽として楽しむために来ている人、二つ目に暇つぶしの一環として来ている人、三つ目にお金を稼ぎに来ている人です。
ただ純粋に娯楽としてだけ来ている人の割合は少なく、ほとんどが暇つぶしか、お金を稼ぐために来ている人が一般的です。
確かに労働で得ることが出来る賃金には、どうしても限度がありますが、パチンコやスロットで得ることが出来る金額は立ち回りが上手ければ、無尽蔵であるからです。
それに仕事と比べても、娯楽として楽しみながら、それでいてお金を稼ぐことが出来るので連日多くの人が利用しています。

また、客層は営業する時間帯によって違ってくる点が一般的です。

例えば、平日の午前中であると、家事を済ませた主婦や高齢の年金生活者が多く、その他、若者であれば学生、フリーターやニートも見られます。
そして、昼過ぎもその傾向が強く見られ、夕方になると仕事帰りのサラリーマンの方が多くなります。
土日・祝日といった休日では朝から日頃、平日の午前中に行くことが出来ないサラリーマンの方が遊戯しに来ることが多いです。
また老若男女の割合としては、パチンコは高齢者が多く、パチスロは若者が多い特長が見られます。
当然、女性客よりも男性客の方が多く、女性を見かけることはカップルで来るか家事から解放された主婦です。
現在は、パチンコ台やスロット台の傾向も射幸心を煽る台は規制されていることもあり、一昔前のように一攫千金を狙いに来ると言うスタンスで来られる方は少なく、1万~5万円前後の日当を稼ぐ感覚で来られている方が多くなっています。

https://xn--eckybs1bzb.com/