http://www.zuttowork.com/

大きな地震で瓦屋根もこの有り様。

 

怪我をされた方やお亡くなりになられた方が多数出ていると報道にありました。

避難生活を余儀なくされている人々をTVで見ているのは大変心苦しいですが、一刻も早いライフラインの復旧により、落ち着いた生活を取り戻して欲しいと願います。

地震への備えというものは常日頃から心掛けて準備しなければなりませんが、みなさんはどのような事をしていますか?
ワンルームで一人暮らしをされている若い人たちは、非常用の備蓄などはあまりしていないのではないでしょうか?飲料水や乾パンなど、救援を待つ3日分の食糧があれば概ね良いとはされているようですが、中々備えというのは出来ていないものですね。

東京都は引越しをされて来た方などに防災本を配布しています。黄色の目立つ冊子ですが、大変役に立つ内容だとメディアで取り上げられていました。

被災した際にどこに居るか?仕事中か通勤途中か自宅に居る時なのか、それらによって取る行動が変わってきます。

商業施設内にいて被災したり、エレベーターの中に居て閉じ込められてしまうケースもあるようです。

また、自分が働いているお店で地震に遭ってしまった場合は、まずお客様の安全を確保して避難(誘導)させなければなりません。

常日頃から非常口や避難路の確認などはしておくべきでしょうね。アルバイトといえども、その時に誰が居るか分かりませんから。

安否確認で電話がつながり難くなっていたようです。LINEやSNSを上手く活用して早く確認したいですね。

 

http://www.zuttowork.com/

一人暮らしでも、災害にしっかり備えておきましょう!

https://xn--eckybs1bzb.com/