若者を中心に、ほとんどの方がインストールしているとされるSNSツール「LINE」。

最近ではLINEモバイルというグループ企業から格安SIMカードが発表され、本格運用が始まりましたね。このLINEモバイルのSIMカード、LINEやTwitterを使っている時にはデータ量が課金されないという優れもの。これで月々の7G制限は気にしなくて済みますね!

さて、「LINE広告」なるものですが、タイムライン上に自分の友だちが載せたものが流れて来る合間や、LINE NEWSの中で商品をPRする企業広告などが挿入され、しかもその広告は使っている本人の属性を加味し、よく見るページや・嗜好性といったものが反映され、各々のLINE上に表示されるというものです。

webサイトを見ている時にも、何の気なしに自分が興味あるものや、検索したことのある商品などが表示される事がありませんか?特定の個人情報を抜き出している訳ではなく例えば、「男性・30代・東京在住」などの属性情報を使って表示させているとの事です。

最近はTwitterでも同様に広告の挿入が目立ちますよね。あれも使っている本人の使用パターンの属性分析したものを反映しているようですよ。
まだ詳しくは分かりませんが、LINEからだと商品が売れるのと、サービスに加入する使われ方としてはどちらが多いのでしょうか?

LINEバイトというものをありますよね!これも本人の属性(居住地や年齢)を考慮して適切な情報を配信しているようです!

 

https://xn--eckybs1bzb.com/

飲食ワーク・コンビニバイトならスタバイト♪

https://xn--eckybs1bzb.com/