http://www.zuttowork.com

画像はイメージです。

同じ屋根の下に住んでシェアライフを送っていますが、それぞれ違うスタイルで生活しています。
普段は専門学校に通う学生だったり、デパートで販売員をやっていたり、時間が不規則なシステムSEの仕事の人だったりします。
声優志望・芸能関係や役者志望も方も多いですね。会社が契約している社員寮などは、そこに住む人は同じ会社の人で、朝から晩まで顔を合わせ、帰ってからも顔を合せたりして少し窮屈かもしれませんね。栄養士さんが居て、食事が出て来る社員寮は少し楽かもしれませんが。
シェアハウスでは同じところに一緒に通う人はほぼ皆無と言っていいでしょう。友達同士での入居もありますが、基本的には別々の部屋となります。また男女同室、というのもありません。男女間のトラブルを抑止する為です。本人たち以外にも居住者がすぐ隣にいますので。
普段、リビングで一緒に過ごしたりする時間も、それぞれがバラバラです。前述したように、学生や仕事、バイトの時間が各々のスタイルで異なるからです。全ての部屋の入居者全員が一同に顔を合せる事は稀だとの事です。けれど同じ屋根の下ですから、名前と顔くらい覚えておかなければなりません。建物の中では顔を合せる訳ですから。
ちなみに、ほとんどの物件で室内は禁煙ですので、飲食は出来ますが、アルコールを摂りながらの喫煙は出来ないのです。喫煙者には大変かもしれません。ですので、リビングでお酒を飲みながらの談笑もほどほどにしましょう。
また。共同生活がゆえに、シャワーの時間は何時迄とか、洗濯機は深夜に廻さないなどというハウスルールが存在します。規律が面倒、ウルサイと感じる部分もあるかもしれませんが、リーズナブルな家賃で、ささやかな自由スペースを手に入れているので、少しの制約が無いと上手くいかない事が多いです。なお、規律を守れない人は、話し合いののち、退去させられる事が時にはあるそうです。一緒に入居している他の人の事を重んじている為です。
確かに良い事ばかりでは無い様に聞こえますが、目的を持ってシェアハウス生活を始める事で、新たな仲間が出来て、自身の協調性が養われる事になるのではないでしょうか。この生活の中で自立する事は、この先の自分の人生にとってもプラスと成り得るのではないでしょうか。

http://www.zuttowork.com

シェアハウス個室・寮・住み込みのルームガイドはコチラ!

https://xn--eckybs1bzb.com/