http://www.zuttowork.com/

わからないことだらけ~??

マイナンバー制度とは”社会保障・税番号制度”と言われ『住民票を有する全ての方に1人1つの番号を付する』12桁の番号です(国民総背番号制などとも揶揄されているようです)。様々な行政サービス上のメリットがあるようですがデメリット、特に個人情報の管理に不安の声が多く、既にマイナンバーに関連した詐欺被害も発生しています。 2015年10月から全国の市区町村で通知が始まり、住民票のある所に簡易書留で届き、転送はされないとのことです(運用開始は2016年1月~)。個人に通知されるので、その番号を勤務先に提示する必要があります。

また、市区町村に申請すると「個人番号カード」が交付され、身分証明書替りになるようです。ゆくゆくは健康保険証との連携なども視野にいれ(2018年4月~)、色々な用途・アイデアが検討されています。

アルバイトで働く人たちにはどんな関係があるのでしょうか?

まず、新たにアルバイトの面接を受けて採用が決まり、入社手続き書類を記入する上で”マイナンバー”が必要となります。また会社は、給与を支払った場合に給与所得の源泉徴収票にマイナンバーを記載して税務署に提出する事となっています。掛持ちでアルバイトをしていたりする場合でも、その勤務先でマイナンバーの提示が必要であり、その日毎に日払いしてもらっているお仕事の方も対象のようです。
副業をして副収入がある場合(20万円超)は確定申告が必要であり、確定申告を実施していないと所得税の追徴課税が来る模様です(マイナンバー以前からです)。
アルバイトで生計を立ていて1人暮らしだとすると、住民税が特別徴収(いわゆる給料天引)では無く、普通徴収(自分で納める)の場合が多いと思われます。住民税の支払いを逃れていたりすると、これを機に督促が来るかもしれません。最近の行政は、簡易裁判所から支払督促通知を直ぐに手続きするようです。
マイナンバー、まだ通知がスタートしたばかりですので、活用の具体的事例はありませんが、原則一生涯変わらない番号との事ですので、安易に人に教えたり見せたりしないようにしたいものです。他人へのなりすまし、なんて事例も出て来るのでしょうか。
住民票を移動させずに移り住んでアルバイトしている、寮やシェアハウス、社宅に住んでいる人たちは、今一度確認した方がいいですね。今の住まいにはマイナンバーの簡易書留の通知カードは届きませんから。

 

http://www.zuttowork.com

住込み・寮・シェアハウスのことならここ♪ ずっとワーク!

https://xn--eckybs1bzb.com/