http://www.zuttowork.com/

夜間に稼ぎたいパチンコ店の仕事が高時給で嬉しいワケ

パチンコ店は基本的に年中無休、しかも、午前中に開店し、夜は23時から23時半頃まで営業するというのが基本的なスタイルです。
多くの店では正社員やフルタイム勤務希望のアルバイト等であれば、早番、遅番に別れ、それ以外に忙しい時間帯などに数時間働けるパートタイムのアルバイトを雇っています。
アルバイトの時給でいうと、一般的には早番より遅番のほうが100円程度高く、さらに土日祝日は100円ずつアップするといった給与体系を整えているお店が多いです。
つまり、一般的に働くのが難しい夜の時間帯や休みを取りたい土日祝日に頑張る人ほど、給与がアップする仕組みです。
具体的な金額でどのようなパターンとなっているか挙げてみると、たとえば、平日の早番が時給1,300円であれば、平日の遅番は1,400円、土日祝日の早番は1,400円で遅番は1,500円といった形になります。
さらに深夜22時以降は、労働基準法により、時給の25%アップが求められます。
そのため、遅番として1,400円の時給の方は深夜22時以降は1,750円の時給が得られることになります。
居酒屋のように朝方まで営業しているわけではないので、閉店後の後片付けや遊技台のメンテナンスや調整などの作業を行っても、遅番の時間帯は23時半から24時半などまでが一般的です。

それでも、一般的な販売や接客系の仕事、たとえば、コンビニやスーパー、ファーストフードやファミレスなどに比べれば、圧倒的に稼げます。

たとえば、夜17時から深夜24まで、時給1,400円で実質6時間働いたとすると、深夜時給アップを含めて、だいたい9,100円ほど稼ぐことができます。
週5日働けば、45,000円、4週働けば18万円は軽く稼げるでしょう。
アルバイトとして、1日6時間程度の労働でこれだけ稼げるのはかなり条件がいいといえます。
夜に働くことを特に厭わない方や、土日祝日も暇だという方は、時給の高い時間にシフトを入れてみてはいかがでしょうか。

https://xn--eckybs1bzb.com/