https://xn--eckybs1bzb.com/

子供の送り迎えも大事な仕事の一つですね。

 

トヨタ自動車が「送迎保育」に着手。予定は30年4月の実施を目指す。(新聞の見出しより)

どういう内容かというと、親と一緒に職場まで来れば(出勤すれば)、そこから離れた場所にある託児所(保育施設)へ子供を送り迎えする仕組みの事です。子育てと仕事の両立を図るべく手厚い支援ですが、どこまで利用が拡大出来るのでしょうか。トヨタ自動車のような超大手だけでなく、中小企業も相乗りで進めて拡がることを期待したいところですね。

ご存知の通り、託児所(保育施設)が不足して待機児童問題は解決を急がなければならない課題のひとつ。企業側が職場のそばや敷地内に設置して働く環境を整える事を急いでいます。都心のビルの中には、共同で利用出来る託児施設をオープンさせているところもあります。

市区町村が施設を新設しようにも、地域住民との折り合いがつかず反対されてしまったり、そもそもの保育士さんが不足していたりと、解決には程遠い状況です。行政もあの手この手を繰り出して試みていますが、今度は法改正して、公園に緊急的措置で保育施設を設置出来るようにするとの事です。土地不足の都心部などには朗報かもしれません。

子供が居る家庭だけの問題ではなく、労働力不足を補うという観点からは、みんなに直結する問題です。

今はどの産業も人手不足。景気は好転している訳ではありませんが、今後ますます若年層の労働人口が減って来ます。特にサービス業は目立っています。システム化を急ぐチェーン店もありますが、人件費削減というより人手不足を補うために必然となっています。

一部海外からの研修名目で人材が流入してくるといったニュースにありましたが、労働力の問題はまだまだ続きますね。

 

https://xn--eckybs1bzb.com/

時間の融通が利くお仕事を探してみよう!スタバイト♪

 

https://xn--eckybs1bzb.com/