http://www.zuttowork.com/

分煙ホールもあるパチンコ店で仕事をすれば健康面も安心です

自分自身もパチンコをするのが好きで、仕事もパチンコ店の勤務を考えている人が悩む事のひとつに、たばこの匂いと煙があります。
店で働き始めて間もなくして多くの人が一度は経験するのが、仕事後に店を出た後にパチンコ店のたばこの匂いが髪の毛などについてしまうということでしょう。
しかし、多くの他のレジャー施設で行われている分煙のようなスペースも、パチンコ店で取り入れている所が多くなっています。
たばこを吸う人は苦にならなくても、吸わない人にとっては煙やにおいが苦手な場合があります。
たまたま隣り同士になった他のお客さんがヘビースモーカーであった場合などは、たばこが気になって打つことに集中できなくなったりもしますので、従業員の立場から、禁煙スペースの台をお客さんに勧めるのもよいでしょう。
たばこの煙やにおいは、店で働いている従業員で苦手な場合、嫌でも客の前ではそういう素振りを出してはいけないので顔には出しませんが、心の中でたばこを苦手と感じている場合が多いです。
のどが痛くなって病気になる懸念もありますので、分煙スペースを作ってもらうと従業員にとっても有難いのです。

一方、たばこ愛好家の方は、たばこを吸いながらでないと調子が出ないといった方もいます。

従ってそういう方は喫煙可能なパチンコ台を打つと良いので、この場合も喫煙可能な台を確保してある旨をたばこ愛好家に勧めるのもよいです。
そういう台には、横に灰皿があります。
ただし、店によっては台で打つ場合は完全禁煙で、吸いたくなったら喫煙スペースまで吸いに行かなければならない店もあります。
同じギャンブルで日本中央競馬会のウインズや競馬場でも喫煙スペースを設けるようになっており、それと同じです。
タバコは吸う人と吸わない人が相互で理解し合い、マナーを守ることが大切です。
店で働くようになってルールを守らないお客さんがいた場合、注意を促すことも店員の大事な仕事になるのです。

https://xn--eckybs1bzb.com/