https://xn--eckybs1bzb.com/

大手ドラッグストアの看板

男性はあまり足繁くお店を訪れる事は少ないかもしれません。

日本の場合、元々の”薬局”が規模を拡大しながら、日用生活品や飲料品・食品を置いたり、処方箋を扱う薬剤師が常駐したりするセルフ業態の店舗が多いです。

店頭にはトイレットペーパーやティッシュペーパー、紙おむつや飲料、即席めん売り場など、多様に渡っています。化粧品の取り扱いも多く、美容担当のスタッフを配置している店舗もあります。中には一部生鮮品も扱っていて、スーパーマーケットとの差はどこだか分かり難くなってきています。

チェーン展開している企業が、合併や提携を重ねて規模感を大きくしています。

ドラッグストアはアルバイト先としても人気で、高校生やフリーターの方をよく見掛けます。もちろん薬剤師や化粧品コーナーは専任の方になりますが、レジ業務や商品の品出し等の業務は人手不足のようです。

また薬剤師不足に対応する為、「登録販売者」という資格所持者をおいて、一部医薬品の販売が行えるようになっています。実務経験が必要ですが、アルバイトしながら取得を目指しても良い資格ではないかと思います。資格取得者には手当が付くか、一般のアルバイトより時給が上がるようです。

これからはアルバイトの待遇であっても、資格などを取得して時給や待遇を改善する仕組みが増えて行くのではと思います。

もちろん、働きながら勉強するのは大変ですが、掛かった費用を補助してくれる企業もあるようです。

先を見据え、こういったアルバイトも選択肢の一つとして考えたいですね。

 

https://xn--eckybs1bzb.com/

医薬品売り場を併設しているコンビニもありますよ!

 

https://xn--eckybs1bzb.com/