http://www.zuttowork.com

お洒落な制服です!!

煌びやかで派手なイメージ・印象のあるパチンコホールの制服ですが、最近は様々なものが目に付きます。

いわゆる「AKB48」をモチーフにしたブレザーとチェックのプリーツスカートタイプが一時流行しました。イベント日(今はほとんど見かけないですが)にはいつもと違う制服を着たりして新鮮な「ホール」イメージを披露していました。男性客向けに言えば、短めのスカート(キュロット)で露出度が高い方が良いのかもしれませんが、あまり刺激が強いと行政(所轄の警察)の指導が入ります。実際に注意を受けて、変更を余儀なくされた店舗もあったようです。
ご存じでしょうか、このホールの制服?実は意外と高価な代物なのです。
パチンコホールで勤務する際は、店舗側で制服を準備(貸与)してくれます。
一般的な例でいうと、男性はYシャツ・ベスト・黒スラックス、女性であれば、ブラウス・ベスト・キュロットスカートが複数枚渡されます。お店が制服メーカーから直接購入しているケースやレンタル制服メーカーからリースしている場合などがあります。例えば男性用制服で枚数を仮に、Yシャツ3枚、ベスト1枚、スラックス2本とした場合、一般に購入すると、54,000円~60,000円、もしくはそれ以上と推測されます。えっ、そんなしないでしょ。と思った人が多いはず。安いお店で似たようなものを買うと半額位じゃない?など。
パチンコホールの仕事、今では各台計数器に代わったので「ドル箱交換」が減りましたが、それ以前は腰を下ろしての作業等が多く、かなり制服が傷んだようです。
男性スタッフが腰をかがめてしゃがんだ際に、お尻の所がパックリ切れてしまったことなども多かったようです。
ですので、ホールで使う制服は「見映え」と共に「耐久性」も実は確りしていて、長持ちするようになっているんです。勤務が多いスタッフは毎日の洗濯が必要ですし、乾燥機に入れれば自然乾燥よりは生地が傷むし。直ぐに破けていたりしたら、仕事にならないですよね。
だからしっかりした丈夫なものを着てもらい、気にすることなく仕事に没頭してもらいたい、というのもあるようです。
ただ、昨今は安い中国製の制服が安価に販売されていて、コストダウンとばかりに飛びついて代えてみたら、ホール向けに製造された縫製では無かったようで、かえって高くついてしまったケースもあるようです。
スタッフにはいつもきれいな洗濯したものを身に着けて、接客して欲しいので、店舗がレンタル制服会社を導入して、クリーニングとセットにしている所も増えて来ています。しかも購入して在庫を持つ必要無く、時期がきたらデザイン変更も出来たり、余計にサイズ合せ用の予備を準備したりする必要もなく、使い勝手はかなりいいようです。

お客様の事を考えて仕事をすると、こういった所に配慮してくれているお店で働きたいですよね。

http://www.zuttowork.com/

住まい付きのお仕事探しならコチラから♪

https://xn--eckybs1bzb.com/