http://www.zuttowork.com

最近はどこのホールでも香るようになってきました。 セントエアー正規輸入代理店/スターフレグランス㈱

皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか?

そもそもアルバイトする場所として選択肢にも入らないと聞いた事がありますが、大きく分けると
①タバコ臭い
②うるさい
③重労働
などが挙げられるようです。
まず①ですが、最近のパチンコホールは空調機器を充実させていて、空気清浄器(イオン発生機能付)、芳香器、隣の台との間に分煙ボードなどを設けているホールが増えて来ています。ちなみに芳香器(ディフューザーと呼ばれるもの)は風除室付近に設置されているケースが多いようです。また大幅工事を施して空調ダクト内に埋め込んであるものもあります。もちろん禁煙や分煙にチャレンジしているホールも有りますし、お客様と働く従業員の両方にに気配りをする姿勢が見られます。全く臭いが気にならないかと言えば難しい表現ですが、大幅に緩和されている事は事実でしょう。それでも女性は気になりますよね。

②ですが、何処までがうるさくて心地が良く丁度いいのかは個人差がありますが、静かなホールというのも雰囲気が醸し出されないので入り難く遊技し難いのかもしれません。最近の機種は音量が選べる機種もあるので少しはコントロール可能でしょうが、全台が一斉に稼働するようだと物凄い音量になる事でしょう。この部分は中々改善が難しいですね。

③ですが、パチンコホールにある玉箱、通称”ドル箱”というものですが、1箱にたっぷり球が入った状態だと、約10キロ以上あります。確かにこのような重い箱を上げ下げしていたら重労働と映るかもしれませんが、今はパチンコ台毎に計数器が内臓されていて上げ下ろし作業が必要無い形態でのホール作りが増えていますので、必ずしも”重労働”とはなりません。各台計数器と呼ばれる仕組みです。事前に働く場所の確認が必要ですね。また、スロット専門店などもメダルの上げ下げ作業は、パチンコのドル箱の比にならない程、軽減されていますので安心出来ますね。
記載したように、少しずつ改善されてきてはいるものの、敬遠されている業種です。もちろんこの他に時給であったり通勤の便利さであったり待遇云々というのも選択肢に加わりますので一概には何とも言えない部分です。
また、遊技する人口が減ってしまった為、お店に入った事すら無い若者が非常に多いです。またその親の世代でも遊技しない人が散見されます。

パチンコホール、1952年の記録によると45,317軒あったそうですが、現在11,500軒を割り込んでいます(遊戯産業健全化推進機構データ)。

今後、国民的娯楽として親しまれたパチンコは一体どうなってしまうのでしょうか?

http://www.zuttowork.com

サービス業のバイト、シェアハウス・住み込み・寮の事なら♪

 

https://xn--eckybs1bzb.com/